サーマクールなどの美容術でクールビューティに若返る

Cosmetic surgery

加齢による影響

目の下のたるみの原因

加齢によって目の周りの筋力が衰えて皮膚が下垂したことでたるみが生じます。目の下がたるんだことで、目の下の脂肪が突出して目袋ができます。また加齢によって、目の下の皮膚の深い部分にある真皮層のヒアルロン酸やコラーゲンが減少し、たるんできます。目の下のたるみや目袋は化粧で隠すことが難しく、目立ってしまいます。改善するには美容外科で治療するのも1つの方法です。美容外科では手術等の様々な治療方法があり、現在は切らずにたるみを改善することが可能になっています。

美容外科での様々な手術と治療方法

それでは、美容外科での手術とその他の治療方法を具体的に見ていきましょう。目の下のたるみ改善として主なものに、脱脂術やヒアルロン酸、脂肪の注入があります。脱脂術はまぶたの裏側を切開して余分な脂肪を取り除きます。手術といっても、まぶたの裏側を切開するので傷口が見えず、ダウンタイムが少なく済みます。この方法は切らない施術といわれており、脂肪を取り除くことによりたるみが改善されます。この方法とは違い、突出した脂肪を取り除かずに脂肪の位置を移動させて膨らみをもたせ、たるんだ部分を目立たなくするハムラ法という治療方法もあります。ヒアルロン酸は人の体にもともと存在する成分で注入することにより、たるみを改善し肌にハリも出ます。この方法は、脱脂術より施術料金は低くなりますが、一定期間を置いて再び注入治療を受ける必要があります。脂肪注入とは自分の脂肪を用いて治療する方法です。この他レーザーによる治療等があります。たるみ改善の手術を受ける際には、医師とよく相談し自分にあった治療方法を選びましょう。